TOP > 学校概要 
 

学校概要

■沿革
昭和23年(1948年)徳島県富岡第二高等学校(富岡東高等学校の前身)の羽ノ浦分校として設置される。
昭和42年(1967年)羽ノ浦分校に衛生看護科が新設される。
昭和45年(1970年)本校に専攻科が新設される。
平成14年(2002年)衛生看護科の募集を停止し,看護科を新設。 5年一貫教育始まる。
平成17年(2007年)専攻科衛生看護科を専攻科看護科に改編。
平成18年(2006年)校舎改築竣工。専攻科が本校から羽ノ浦分校へ移転。
平成19年(2007年)羽ノ浦分校を羽ノ浦校と改称。
平成20年(2008年)体育館改築竣工。
平成22年(2010年)グラウンド整備完了。

■特色
専攻科 校内実習(採血)  高等学校看護科(3年)と専攻科(2年)の5年一貫の教育課程で実施する看護師養成教育機関である。
  全課程を履修すると,看護師国家試験の受験資格が取得でき,保健師学校,助産師学校,養護教諭養成課程などへ進むこともできる。
■校舎
平成18年8月に新校舎が,平成20年12月に新体育館が完成しました。
平成22年3月にグランドも整備されました。
 
校門と体育館校門付近から校舎を見る時計と校舎グランドと校舎と体育館